今、一番勢いがある引越し見積もりサービス​
「引越し達人セレクト」見積もり

引っ越し料金が安い日は?

引っ越しを安い日にしたいなと思って調べている人に向けて書いていこうと思います。

 

安い日を選ぶためにまず知っておいてほしいのが、引越しを希望する人が少ない日を選ぶことが安く引っ越しをするコツです。

 

引っ越し料金の安い月

引っ越しの料金を一年間通してみた時に3月、4月が引越し希望者も多く料金が高いです。
逆に5月~2月は引っ越し希望者が少なく、閑散期なので料金は安いのですがその中でも特に、11月が安いと言われています。

 

引っ越し業者によって多少安い月が変わることもありますが、11月は不動産の部屋が取りづらいと言った影響もあって引っ越しする人が少ないので値段が安くなりやすいそうです。

 

引っ越料金は月末と月初で違う

引っ越しをするのを何月か検討を付けた時に次に検討するのは月のどの辺り引っ越しをするかです。
月末よりも月初の方が料金は安い傾向にあり、引越し料金に一万円近く差が出ることもあります。


理由は、マンションやアパートの更新日が月末に設定されているところが多いので、月末に引っ越しをする人が多いからです。


新しく部屋を借りる場合に、月初の1日からというところも多いのでそこに合わせて引っ越しをする場合、月末になったりしますよね。
 

なので、月の初めの方に引っ越しをした方が料金を安くしやすいです。

 

引っ越し料金は曜日で違う

引越し料金は、土曜日や日曜日、祝日の休日よりも平日が安くなりやすいと言われています。

ネットで調べればすぐに出てくる情報なので知っている人も多く、最近では単身の引越しの人は平日に仕事を休んで引っ越しをする人も増えてきました。

その結果、県内の単身引越しでは休日でも平日でもあまり料金に差がないところが多くなってきています。

昔は土日が休みの企業で平日は休めない所が多かったのですが、最近では平日に休みを設定していたり有給休暇などの休暇が取りやすい職場環境が整ってきたといった要因もあるかと思います。

 

結婚をして一緒に住む場合や家族で引っ越す時などは予定がつきやすい土日の方がまだまだ人気があります。

絶対ではないけれども平日の方が安くなりやすいといった感じでかね。

 

ただ、補足として単身引越しで土日の方が平日よりも安くなっているデータが出ている引っ越し業者もあります。

大手で言うと
・アート引っ越しセンター
・アリさんマークの引越し社

 

結論としては、安く引っ越したい場合、平日でも休日でも安い日に引っ越しがしたいと引越し業者に伝えて早めに予定を組み、平日などの場合は仕事を休むなどの方法が最良かと思います。

 

そして、引っ越しの見積もりを一社だけに頼むのではなく複数に見積もりをしてもらうことで、自分が引っ越し出来る希望日の中で一番安い業者を選べるのでおすすめです。(^^♪
 

安い引越し日を探すために、引越し業者の一括サービスの特徴を紹介しています引越し 安い

 

仏滅と大安で引っ越し料金が変わる?

 

引っ越し日を決める時に仏滅や大安を気にする人がいます。
大安の方が縁起がよく、引っ越すのに適していて運が良くなる。
逆に、仏滅は不吉なので引っ越しなどをしない方がいいと言われています。

 

引っ越し希望者が少ない日の方が料金が安くなりやすいので、仏滅の日とかでも大丈夫と要望を伝えれば料金が安くなる可能性もあります。

© 2019 引越し 安い rss