今、一番勢いがある引越し見積もりサービス​
「引越し達人セレクト」見積もり

引越しを安い値段で

大学の進学や就職、転勤などで新生活が始まる前に引越しをする予定の人は、安い費用に抑える方法を探しているかと思います。

引越し後は必要な家具を買ったり、生活用品を買うなど最初は色々と出費がかさむので、費用を安く抑えたいですよね。

 

特に初めてだった場合、要領も相場もよく分からないから料金が高いところに申し込んで損をしたくない。

安いと思ったら追加料金があり見積もりより多く請求されたくないですよね。

なので、このサイトでは少しでも安い費用で引越しをしたい人向けに簡単にできる方法を紹介していきます。

 

早く申し込みたい人は、おすすめの引越し一括査定サービス二社をどうぞ

知名度が高く契約業者が多い ⇒引越し侍
特典が豪華で引越し後の買い物もお得になる 「引越し達人セレクト」見積もり

※時期は3か月先まで選べるし日にちが未定でも現状を入力すると相場が見れます♪
上の二つのサービスは、かなりおすすめなので下のランキングで特徴も紹介します。

 

引越しする方法

引越しをする方法としては2つ
・車を準備して自力でする
・業者に依頼する

友人などに手伝ってもらい、自力で出来そうな人は頑張るのもありです。
友人にはお金を払わないので(笑)安い費用には抑えられますが、家具や新しい部屋を傷つけたり、道で荷物が崩壊しないように気を付けてください。
 

業者に依頼する場合、安い料金にするために大きく影響するのは「引越しをする時期」と「荷物の量」の2つです。

【大手のアリさんマークの引越社やヤマト運輸がいい】とか【個人で運営している赤帽が安い】だったり、【地域密着の中小企業の引越し業者が安い】など色々言われますが、実際はこちらの状況と相手の状況で見積金額が変わります。

つまり、一番お得な引越しサービスはその人の状況とタイミングによって違います。

 

引越しが安い 時期

料金は時期によって大きく変わります。
SUUMOが公表している『引越し平均金額 高い月ランキング』が参考になります。

2018/10 取得


引用元 https://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/727.html

単身や家族といった人数でのくくりではないので、金額それ自体が参考になるわけではありません。
しかし月ごとの金額の違いを見れば、繁忙期と呼ばれる3月から4月は平均でみても1.3倍ほどに値段が上がっているのがわかります。

 

当然、この時期を外した方が料金はぐっと安くなります。
予約も取りやすく、こっちの都合に合わせてもらっても安い金額になりやすいです。

が、仕事や学校が4月から始まる場合、それまでに引越しを済ませておきたい。
しかし、安い引越しのためだけに部屋を数カ月も早く借りる契約をしては、家賃がもったいないのが悩ましい所です。
総合的に見て安い金額に抑えられそうならそれもありですが、ケースバイケースなので計算してみてください。

 

引越しの料金が高い理由

今は引越し難民という言葉があります。
これは、働き方改革でドライバーが長時間、働けないことが原因で引越しをしたくてもなかなか予約が取れない人が多くいます。
 

引越しをしたい人が多くて、引越しをする業者側の人手が足りないということは、需要だけが大きくなっているので料金は高くなります。

なので、安い費用に抑えるためには、自分の条件に合う業者を探さないといけません。
高い料金が普通になっている今だからこそ、足元見られると高めの金額を提示されたりします。
 

つまり、ちゃんと調べないとしてしまうのです。

 

引越しの安い業者

安い引越し業者を選べば費用は安い。(当たり前w)

費用の見積もりを一括サービスで申し込むことで、価格の比較もできますし、値下げ交渉をしやすいというメリットもあります。
(何も言わなくても一括査定なので高めな見積もりを出す業者はいなくなります)

もちろん、安い料金でも丁寧な仕事をして欲しいので、業者の口コミはチェックします。
気持ちよく挨拶をしてくれたり、運搬の時に家具などを丁寧に扱ってくれないと傷つけられたりしたら嫌な気持ちに…

なので、最低限の口コミと評判は見つつ、自分の状況に一番合っていて安い見積もりを出してくれる引越し業者に依頼します。
 

何も調べないで、一つの引越し業者に依頼して言われるがままの料金でお願いすると、色々な条件で値段が変わると知らないだけでしてしまいます。

損しないように情報を集める→「引越し達人セレクト」見積もり 

 

重量制の引越し業者は安い

一括見積サービスを紹介する前にもう一つ、安い費用に抑えたいと考えている場合、重量で料金を決まる重量制サービスがあります。
 

先日の話ですが、友人が引越しする予定で『家族3人で業者の見積もりが10万で高いよね?』と言ってきました。
友人には相場が知れて、値引き交渉もできるので引越しの業者の一括見積に申し込みをすすめました。

それで、一番安かった7万のところに申し込んだようで、重量制の所だったと連絡がきました。

完全にお前の軽トラを貸せよオーラが出てました。(笑)
※ちょうど仕事が休みだったのでお手伝いに行って事なきを得ました。(汗)

お得な重量制は運べる量が少なくはなります。
しかし、少しでも安くしたい、自分で運べないものだけお願いしたいという人は重量性の引越しサービスも検討してみてください。
 

​私の記憶では、5年前は家族3人で引越した時は2~3万程度だったですが、今は10万以上する所がほとんどのようで値上がりは上記で書いた働き方改革の余波らしいです。

だからこそ、多くの業者の中から安い所を選ぶのが大切です。

 

引越し割引率ランキング

60秒で入力できる手軽さで、入力後webで相場が確認できる引越しの一括査定サービスを引越し割引率ランキングにしました。
と言っても、1位と2位は微差なので自分に合う方を選ばれるといいかと思います。

※深夜に申し込みをした場合、深夜に電話がかかってくることがあります。(夜勤の人などがいるため)

1位 引越し達人セレクト

 

引越し達人セレクト

引越し料金が最大で55%OFF
15年と運営歴が長い
費用、口コミ、サービスをまとめて比較できる
お祝い金が最大6万円や荷造り代行が1時間無料など新生活応援が充実

生活用品など購入する物が多い人、総合的にお得な引越し業者がいい人向け


引越し達人セレクト

2位 引越し侍

 

引越し侍を見てみる

引越し料金が最大で50%OFF
引越し業者ご紹介数3110万件と実績も知名度も高い
単身向け業者や家族が得意な業者で選べる
サービス内容で比較もできる
 

知名度が高くて利用者も多く提携先も多い
引越し料金が安い方がいい人向け

 

引越し侍を見てみる

3位 引っ越し価格ガイド

 

引っ越し価格ガイドを見てみる

引越し料金が最大で50%OFF
260社から10社まで見積もりがとれる
見積依頼と同時に相場料金がわかる
東証一部上場のグループ企業

引っ越し価格ガイドを見てみる

 

物を減らして引越し費用を安くする


次の安い料金にする方法は荷物の量を減らすこと。

従量制のところで紹介しましたが、運ぶ物の量が少なくなればなるほど料金は安くなります。
長距離の場合は今使っている大きな家具などは買取サービスでお金に変えて、行き先で新しいものやリサイクルショップなどで購入する人も結構います。


売れるかわからないけどお金になるなら売りたいものがいくつかある場合は訪問買取が便利です。
幅広い査定ができる査定員が家に来てくれるので、そういえば…あれも…これも…と出してみることで思いがけない収入になったりします。​
 

坂上忍さんがCMしているバイセルは最短30分で訪問してくれるのですぐに売りたいと思っている人にも便利な買取サービスです♪


満足価格!ブランド品買取

 

買取サービスで入ったお金は、引越し先の楽しみである近所にある美味しそうなお店に行ってみたり、友人を呼んで夏だったらBBQ、冬だったら鍋なんかをして集まるのもなかなか楽しいですよ♪

 

【まとめ】 
働き方改革で引越し料金が高くなっているので複数の見積もりでお得な業者を探す。
さらに、安い時期にしたり、荷物を減らしてなるべく安い費用に抑える。

とにかく多くの業者から選び、安く引越しをしたい人 引越し侍

買い物に使えるクーポン券や会員優待が充実してる 「引越し達人セレクト」見積もり 

© 2019 引越し 安い rss